通販 【バジャン】界面活性剤 無し 洗剤 【ママプレマ】入浴剤 ボディ洗浄料 【エコパウダー】全身シャンプー 【ナンナミスト】ボディローション

人にも環境にも優しい、高品質な商品を、お客様の立場に立ってお届けします。【バジャン屋さん】税込み3000円以上送料無料(沖縄・離島を除く)お問い合わせ:042-729-7877
おしらせ
あなたの感想が皆さんの参考になるよう、体験談をお寄せください。応募フォームへリンク
 初めて購入される方の参考にしていただくために、先輩からのアドバイスとして、バジャン他商品をお使いになっての体験談を募集しています。
ホームページ上に、ご使用の感想や「家ではこう使っている」という事例などを紹介させていただき、納得して商品をお買い上げいただきたいと思っています。
体験談をお寄せいただいた方には、粗品を進呈いたします。

ご応募フォームはこちらから>>
お取扱商品

▼商品は全て【界面活性剤ゼロ】。
安心してお使いいただけます。

入浴
ボディ洗浄剤 ママプレマ




PC以外でのお買い物
スマートフォンから ORコード http://bajyanya.com/

携帯電話から ORコード http://bajyanya.com/m/

FAXで FAX用ご注文用紙

実店舗でのご購入 東急ハンズ・京王アートマン バジャンお取扱店舗一覧

店長写真 ごあいさつ


店長
羽生 陽子
子ども達の健康と未来の環境を守りたい」のサイトコンセプトに、ご賛同下さる方々に支えられ、2006年オープン以来、バジャン屋はおかげさまで今日に至っております。
いつもご愛顧いただいているお客様方には感謝の気持ちでいっぱいです。
当店掲載品は、実際に私やスタッフが愛用し、「健康」「環境」にご関心のある皆様方にオススメしたいものばかりです。
各商品説明は、使用者としての感想も織り交ぜながらご紹介しております。
それでは、どうぞ、ごゆっくりお買い物ください。

hana
バジャンをはじめとする「バジャン屋さん」の商品は、すべて国内産の商品です。
厳選された原料を使い、国内工場で丁寧に作られたものです。
また、全ての商品について「放射能不検出」の報告書を、メーカーさんよりいただいております。
どうぞ安心してお使いください。


あなたの感想が皆様の参考になるように体験談をお寄せください。
お客様の声
商品をを実際にお使いいただいた皆様から、感想を頂いています。 
バジャンお客様の声 ドラムバジャンお客様の声 ナンナミストお客様の声 エコパウダー・ママプレマお客様の声 ペット用品お客様の声
「お客様の声」ご応募フォームはこちらから>>
バジャン バジャンお客様の声最新  4 3 2 << 1 
いつもありがとうございます。

初めは価格が心配でしたが、石鹸を泡立てるのに疲れ果て、ついにバジャンに切り替えました。真っ白になるのにびっくりしました。

私は一度洗ったその水をもう一度、おむつ洗いに使っています。浸けておくと白くなります。
少ない労力で(石けんと比べると)きれいになるので満足感があります。
これからもよろしくお願いします。

[大阪府南河内郡在住 H様]

安全性と洗浄力に満足しています。お友達にもススメています。

[神奈川県大和市在住 H様]

ずっと石けん洗剤を使っていましたが、黒い衣類に石けん跡が残ることが多く、跡が見えない白い服にも残っているだろうと気になっていました。

バジャンはすっき洗えて気持ち良いです。

きりふきスプレーに少量溶かして常備してあります。フローリングの汚れが気になる時、 ハムスターケージの掃除etcにもシュッシュッと手軽に使えます。
愛用される方が増えて値段がもう少し下がると嬉しいです。

[埼玉県戸田市 T様]

バジャンの値段が少し高いですが、私もTVなどで油落ち最高!などと言っている洗剤では、夏でもすぐハンドクリームを塗りたくなる方なので、こんな洗剤ができてうれいしいです。
バジャンが高い分水道代がへってトントンというところ。

[西宮市 I様]

アトピーの家族がいるので、安全な成分のものをと思い使い始めました。

バジャンで一番感動したのは、血液の汚れがすごくよく落ちる!!ということです。 毎日、血のついた汚れものが出るのですが本当にきれいに落ちています。

少し日数のたったのものでも、つけおきしてから洗えば、やっぱりきれいになっています。 バジャンを使うようになってから、手でモミモミ洗ったり漂白剤につけたりの作業はほとんどなくなりました。

他の洗剤類に比べると価格は高目かなとも思いますが、それ以上に満足しています。

[東大阪市 M様]

孫がアトピー(アレルギー湿疹?)で、娘がインターネットで検索してバジャンを知ったようです。数ヶ月使用後、孫がかゆみを忘れているのです。

私は、何も皮膚の問題はございませんが、環境に良いのであれば価値あるのではと始めは他店で買っていたのですが、まとめて買った方が割安なので20kgを使います。

[名古屋市 H様]

子供のアトピーがひどく皮膚科の病院の進めで、洗濯洗剤から直さないとダメとの事で、3年前くらいから使用しています。界面活性剤ゼロでとても安心して、下着、肌に着ける物が使えるようになりました。今は肌も落ち着いています。これからも続けたいのですが、ポイントなど購入時につけていただくと有りがたいです。 子供のアトピーがひどく皮膚科の病院の進めで、洗濯洗剤から直さないとダメとの事で、3年前くらいから使用しています。

界面活性剤ゼロでとても安心して、下着、肌に着ける物が使えるようになりました。
今は肌も落ち着いています。

これからも続けたいのですが、ポイントなど購入時につけていただくと有りがたいです。

[横浜市 S様]

まだ使い始めて短いのですが、子どもが乾燥肌でカサついていた部分がよくなってきた様です。ですが、ナンナミストだけでは水分を吸収するだけで、この寒さではすぐ乾燥してしまうので、保湿クリームか何かナンナミストの上にぬれる物があるといいかなと思いました。 まだ使い始めて短いのですが、子どもが乾燥肌でカサついていた部分がよくなってきた様です。

ですが、ナンナミストだけでは水分を吸収するだけで、この寒さではすぐ乾燥してしまうので、保湿クリームか何かナンナミストの上にぬれる物があるといいかなと思いました。

[福岡市 A様]

子供のアトピーがきっかけで試してみました。 まだ小さいので病院ではアトピーという診断ではないのですが・・・。
なので、原因となりそうなものを全てやめた上で一つずつ探してみようと洗剤も変えてみたのがきっかけです。

最近は肌もキレイで病院へも行かずにすんでいます。

今までも洗剤に気をつかっていたのですが、界面活性剤が入っていました。それが原因だったのかもしれません。
今後も続けていきます。

[名古屋市 Y様]

うちのドラム式洗濯機は、6kgの洗濯物で16Lの水量なので、「16g」使い、50℃で洗ってみました。
(メーカーさんに1Lに対して1gと教えてもらいました)

この洗濯機にしてから色々な洗剤、石鹸、重曹や、電解水などで洗ってみた事もありますが、汚れ落ちに満足できませんでした。
洗剤は規定量の入れても・・・ 男物は臭いが気になることがありました。
臭いを消すために量を増やせば、洗剤の残留が酷くて、話になりません。

それが・・・
ドラムから出す時、まったく臭いが気になりませんでした。
もちろん最終スピン時にも、ガラス窓に泡なんてでませんし(今まで、これがものすごくストレスでした。)
洗い終わった物に水を含ませ手で絞ってみても、泡や濁りなんて・・・まったく無し♪

バジャンは何といってもすすぎが一回で済み、洗濯時間が大幅に短くなりそうです。
現在は標準コースで2時間以上かかる上に、濯ぎなおしで更に2時間。
一日3回分の洗濯に、一日中洗濯機を回しています。
節水したくて、一回52Lのドラム式にしたのに・・・
でも、バジャンなら省エネコースが使えるかもしれません♪

まだ、一回しか使っていませんが、明日から色々比較してみるのが楽しみです。
今まで使っていた洗剤は、濯ぎなおしが必要なので、 もったいないけど、使う気にならなくなりそうです。

さっそく友人に勧めたくなってしまいました
でも、一箱使い終わるまでは・・我慢です(^_^;)

[東京都在住 I 様]

今まで、重曹が色々な事に使えると、雑誌などで読み、 実際何度か使ってみましたが、洗濯に使用した事はありませんでしたので興味津々で使ってみました。

一度のすすぎで、洗濯出来るとは、半信半疑でしたが、洗ってみると、今までの洗剤よりあきらかに洗濯物が白くなっていました。
その上、部屋干しのいやな臭いもしなくなりました。

すすぎが一度ですむと水も節約出来る上に、電気代の節約にもなるし、時間も短くて済むので、良い洗剤だと思います。
目に見えませんが、環境にもやさしいようですね。

ふんわり感は、思ったほどではなかったですが、洗剤だけで洗うよりは、良いようです。
でも、柔軟剤は、環境にも、肌にも、あまり良くないようですし、ふわふわになるものの、吸水力が落ちるので、あまり使いたくありませんでしたので、充分だと思います。

価格が、市販の洗剤の倍以上なので、毎日使う洗剤としては、気になりますが、とても良い商品だと思います。 (もう少し、価格が安くなると正直、嬉しいです。)

[奥野様]

まず、粒子の細かさに驚きました。
水の中に入れるとすぐ溶けるので、溶け残りもいっさいありません。
付属のスプーンも紙製でまさに「エコ洗剤」です。
泡がまったくたたないので、すすぎが1回で良く、すすぎの水もほとんど濁っていないので、洗剤が残っていないのを実感しました。
子どもが小さい頃は、合成洗剤の溶け残りから かぶれたりしていましたが、その心配がないのも安心です。

また、香料が入っていないので、人工的なにおいが無いのも良いと思います。
私は臭いに弱く、柔軟剤入りや香りを残すタイプなど、合成洗剤はニオイがきつく、一日中そのニオイで酔うようなときがありますが、その心配はないようです。

洗い終わった後、一晩洗濯機の中に置いていた洗濯物や、雨の日に部屋干しなどでも、合成洗剤のような嫌なにおいにならないので、私のようなぐうたらママには有り難い洗剤です。

肝心の汚れ落ちですが、想像以上の洗浄力でした。
子どもの靴下も今までは漂白剤に浸けてから洗っていましたが、バジャンだけで良く落ちています。
足の裏の汗や油と一緒になった泥汚れにも、効果があることが分かりました。

あと、バジャンを試し始めてからタオル類が柔らかいことにも気が付きました。
汗もしっかり吸うのに、柔らかいままです。
タオル類は、夏の強い日差しですぐ堅く乾いてしまっていたのに、それも無くなりました。

合成洗剤で洗濯して、次のシーズンまでしまっておいて出してみると黄ばんでいた、なんて事も良くありますが、これからはバジャンで洗濯してから、保存したいと思います。

[梨野様]

合成洗剤と変わりなく、汚れは落ちた。
靴下などは「バジャン」の方が落ちたような気がする。

合成洗剤は2度すすいでも、 手でさわると洗剤が手に着く感じで、子どもが小さいときには、もう一度お湯ですすいでいた。
「バジャン」は1度のすすぎだけだが、 手で触ってもサラッとして、全く成分が残っていない感じ。
ただ、洗濯後の洗濯物にやや水の生臭さを感じた。
乾いた後は全く気にはならなかった。

驚いたのは、夫の汗臭いシャツ。
普段は下洗いをしても臭いがやや残り気味だったが、 そのまま洗っても、きれいに臭いがとれていて嬉しかった。

洗濯石鹸は特有の臭いがあるので、環境に優しくても使いづらく、 子どもが大きくなってからは合成洗剤を主として使ってきた。
「バジャン」は臭みも無く、溶けやすいし、すすぎも1度で水の節約にもなるし、環境にもやさしい、が、コストが高いのが少し難点だとは思う。

それから、粒子が細かいのは溶けやすいので良いのだろうが、量を測るとき粒子が舞い上がって鼻に入り、困ったことがあった。
某入浴剤のように20グラムの固形なら測る手間もなく、子どもにも手伝いさせられるかなぁと思った。

まだ、数回の洗濯なのではっきり言えないが、洗濯槽がきれいになったような気がする。
黒カビが見えない。洗濯槽の掃除は手間なのでうれしい。

[青木様]

洗濯は以前から粉石けんを使っていましたが、 気になっていたのはそのにおい。
お風呂場でカーペットを踏み洗いした時、 一緒にしていた子どもだちが「せっけんくさい」と逃げてしまったことがあるほど。
不満を感じながらも使いつづけていました。

バジャンは無臭なのがいいですね。
私はよく漬け置き洗いをするのですが 気になるにおいが全くありません。
また、さらっとした洗い上がりなので、 すすぎの回数も減りました。
それに、環境に配慮されているので 毎日使うのが気持ちいいです。

先日子どもに、座布団カバーに青の油性マジックをつけられてしまいました。
これはどんな洗剤でも落ちないかも?という汚れでしたが、ものは試し。
バジャンで洗面器に半日くらい付け置きしました。
泡はでないのですが、汚れた水がでました。
つまんでもみあらいすると、落書きがきれいに落ちました。
これは予想以上の洗浄力でした。
油性よごれ油性よごれ洗濯後

[増田様]

将来の子どもたちに
少しでもいい環境を残してあげたいという漠然とした気持ちはあるものの、 実際にはコレといって進んでやっているものはありませんでした。
唯一やっていたことと言えば、 主人が漁業関連の仕事をしているので、
海の水質汚染に関わる洗濯洗剤を「石けん」に変えたことくらいです。

でも使用始めてすぐに その汚れ落ちの悪さに気づき、 愕然としました。
合成洗剤なら落ちていた汚れが、 落ちていないのです。

そしてすぐに「石けん」をやめてしまいました。
お魚の命、将来の環境の保全を考えると後ろめたい気持ちもありましたが、
汚れが落ちないと洗濯の意味がありません。

そんな中、今回「バジャン」の存在を知って試すことにしました。
メダカも生きられるというものに強く引かれました。
これで汚れが落ちれば文句なし。
数日間使っていますが、 石けんの時に気になっていた汚れ落ちの悪さを、 一度も感じませんでした。

これなら続けられます。
環境を守りたいという気持ちを1つ実行に移せたことで、 不思議な満足感がわいています。

[向井様]

<< 戻る      
■このページのTOPへ>>