エコパウダーのご案内 その1

ママプレマシャンプーのバージョンアップ版エコパウダー                                                                          エコパウダーはアトピーなど敏感肌でお困りの方、                       化学物質過敏症で洗浄商品選びに悩まれている方々からご好評いただいています。 ママプレマシャンプーをご愛用の方はすでにご存じの商品ですが、            この界面活性剤ゼロ商品を初めてご覧の方もいらっしゃるかと思いますので、      今日はエコパウダーの概要をご案内します。                                                               エコパウダーは界面活性剤ゼロ、                                  石鹸成分の脂肪酸ナトリウムも使わず作られた頭皮・頭髪はじめ             洗顔・ボディーにも使える無香料の粉末全身シャンプーです。               ええっー? 粉末? 泡なし?ホントに洗えるの?と思われた方もいらっしゃるでしょう。一般的に「シャンプー」や「ボディーソープ」といえばボトルに入っていて、        香りの付いたとろりとした液状のものをイメージしますものね。                エコパウダーは従来の市販シャンプーとはその形態も使い心地も             そして何より汚れを落とす仕組みが違います。

それでは、ご覧ください。 (説明はいらないから早く注文したい方はこちらへ  )

エコパウダーの箱は側面からぐるりとお菓子のパッケージのような切り込み線が入りました。 開けてみましょう!オープン!

 →   → 

  1箱に8g入りアルミパックが30本入っています。

 

【エコパウダーの特徴】                                        界面活性剤ゼロ                                           バジャン・ママプレマ同様に電解重曹水の持つ安全で高い洗浄力がベースです。   炭酸水素イオンや炭酸イオンの働きで頭からつま先まで全身の汚れを落とします。

 粉末タイプなので防腐剤・殺菌剤・酸化防止剤不使用                   名前の通りパウダーなので使うたびに専用シェイカーで良く振り溶かして
洗浄液を作ります。使うたびに作るのですから有害性が気がかりな防腐剤・殺菌剤・酸化防止剤不使用が実現されています。      
                           

 ★植物素材生まれの成分を使用                                  使用している成分はすべて植物素材生まれです。 ですから、お肌の弱い方も     赤ちゃん・ご高齢の方でも安心安全にお使いいただけます。                 保湿力アップの為、独自製法による大豆由来アミノ酸18種類(次項のエコパウダー全成分に表示したアスパラギン酸~ロイシン)が含まれています。

【エコパウダーの全成分】                                 炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、キサンタンガム亜硫酸ナトリウム、アスパラギン酸アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、グルタミン酸、シスチン、セリン、チロシン、トリプトファン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、メチオニン、リシン、ロイシン 

【エコパウダーの液性】                                        弱アルカリ性

エコパウダーの容量】
 8g×30本

【メーカー名】
㈱ライトウェーブ

【ご使用上の注意】
効果効能については個人差があります。お肌に合わない時、またはお肌に異常が 感じられた時はご使用を中止し、医師にご相談ください。

少し長くなったので、今日はこの辺で。明日は実際の使用方法をご案内予定です。

 

○。…………………………………………….。○

バジャン・ママプレマ・ナンナミストのオンラインショップ

【バジャン屋さんPCサイト】http://bajanya.com

【携帯電話からのお買い物】http://bajanya.com/m/ ○。…………………………………………….。○

                  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>